当日お金借りる|即日融資で今すぐお金借りたい! ※今日中に必要

当日お金借りる|即日融資で今すぐお金借りたい! ※今日中に必要

当サイトでは・・・
こちらのサイトでは今日中に即日融資でお金を借りたい方向けに以下の内容について解説しています。

 

・【最短1時間】今すぐお金を借りる方法
・即日融資に対応できるおすすめカードローン
・お金を借りられる人・利息・返済方法等の基礎知識

 

結論としては、

  1. 最短1時間で借りられる(※銀行は最短でも数日かかる上、審査が厳しめ)
  2. 大手銀行系グループ企業なので安心(プロミスはSMBC、アコムは三菱UFJ)
  3. 初めての利用なら30日間無利息サービス付きでお得に借入可能

という理由から、プロミスまたはアコムで、ネットから申し込んで借りるのがオススメです。

 

時間をムダにせず最短でお金を用意する為に、まずは公式サイトで実施している簡易審査を受けて借入可能かどうか試してみて下さい。(※いくつかの簡単な質問に回答すれば数秒で結果が判明します。)

 

プロミスで簡易審査を受けてみる>>

 

・・・詳細は記事内容をご覧ください!

 

今日中に借りれるおすすめカードローンを確認してみる>>

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ。大手銀行がバックにいるので、「はじめてのアコム」のフレーズが示す通り、はじめてお金を借りる方も安心して利用できます。初めて利用する場合、30日間無利息でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスはSMBCグループ。大手銀行(三井住友銀行)系金融グループなので、安心して利用できます。プロミスの『WEB完結』なら、借り入れ迄の手続きがネットだけで完了できます。融資までのスピードがとても速いので急ぎでお金を借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ユーザーおすすめランキング【※即日融資OK】

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結では、借り入れまでの一連の手続きをネット上で完了できます。手続きを進めていく途中で不安に思うことや疑問に思うことがあってもオペレータースタッフに電話で丁寧に教えてもらえるので何の心配もいらずに安心して利用できます。女性オペレーターが電話に対応するプロミスレディースも男女問わず人気です。

↓※女性も男性も利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日融資ならプロミスで♪30日間利息0円!/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループなので、大手銀行がバックにいるという安心感があります。初めてお金を借りる方も安心して利用できるおすすめのカードローンです。
\最短60分で借入!30日間利息0円♪/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込みの後、最短15秒で審査の結果が表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(※日曜日は18時)までに審査や必要書類確認を含む全ての契約手続を終えれば当日中に振込みで融資が受けられます。※一部金融機関・メンテナンス時間等は除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込みの曜日や時間帯により翌日以降の取扱いになる可能性があります。

\30代以上の方からよく利用されています/

 

今すぐお金を借りるならプロミス・アコムがオススメの理由

『今日中にお金を借りたい!』
『どうしても今すぐお金が必要!』

 

という方にオススメなのは、プロミスアコムです。

 

なぜ、この2つをオススメするかというと、以下のような特徴を持っているからです。

  1. 最短1時間で借りられる(※銀行は最短でも数日かかる上、審査が厳しめ)
  2. 大手銀行系グループ企業なので安心(プロミスはSMBC、アコムは三菱UFJ)
  3. 初めての利用なら30日間無利息サービス付きでお得に借入可能

1.最短1時間で借りられる(※銀行は最短でも数日かかる上、審査が厳しめ)

プロミスアコムは、借入までのスピードにとても力を入れていて、融資スピードや審査スピードを売りにしています。

 

両社とも最短なら申込み完了から1時間程度でお金を借りることができます。

 

お金の借り方には色々とありますが、ここまでのスピード感で借りられる方法は他にはほぼ見当たりません。今すぐお金を借りたいなら、プロミスアコムがオススメなのです。

 

銀行はどうなの?
一般的になじみのある金融機関としては、多くの人にとって銀行があると思います。銀行にもカードローンがありますが、即日融資に対応しておらず非常に審査が厳しい(※一般的に審査通過には年収500万円以上必要と言われています。)というデメリットがあります。したがって、収入面などで審査通過に自信がない方にはオススメできません。

 

2.大手銀行系グループ企業なので安心(プロミスはSMBC、アコムは三菱UFJ)

いくら急ぎでお金を借りたいといっても、無名で怪しげなところから借りるのは不安です。焦って変な所から借りてしまうと、下手すれば人生を棒に振ってしまいかねないような大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

 

どうせお金を借りるなら、信頼できる所から安心して借りたいものです。

 

その点、なら、大手銀行が後ろに控えているので非常に信頼感・安心感があります。

 

大手銀行系だから安心!
プロミス・アコムはどちらも大手都市銀行系の金融グループ企業です。

 

プロミス・・・SMBCグループ

 

アコム・・・三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

金融庁の厳しい監視・指導を受けている大手銀行がバックにいるなら、変なことをするはずありませんから安心ですね。

 

3.初めての利用なら30日間無利息サービス付きでお得に借入可能

プロミスアコムも初めて利用する方を対象として、一定期間、無利息でお金が借りられるサービスを実施しています。

 

極論ですが、無利息サービスを利用してお金を借りて無利息サービス期間が残っている間に、全額返済してしまえば、1円の利息さえも支払わずに完全に無利息でお金を借りることだってできてしまいます。

 

プロミスもアコムもどちらも無利息期間は「30日間」で同じですが、無利息期間の開始日が異なるのでプロミスのほうが有利です。

プロミス

初めて利用する方は、初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム

初めて利用する方は、契約日の翌日から30日間無利息

契約日から実際にお金を借りるまでに期間が空く場合は、1日たりとも無利息期間をムダにしなくて済むプロミスのほうが有利です。

 

ということで、プロミスとアコムのなかで優先順位を付けるなら、以下のようになります。

 

まだプロミスで借りたことがなければプロミスの方がオススメ!
1.既にプロミスで借りたことがある場合

プロミスがオススメ!

 

2.まだプロミスで借りたことがない場合
アコムがオススメ!

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ。大手銀行がバックにいるので、「はじめてのアコム」のフレーズが示す通り、はじめてお金を借りる方も安心して利用できます。初めて利用する場合、30日間無利息でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスはSMBCグループ。大手銀行(三井住友銀行)系金融グループなので、安心して利用できます。プロミスの『WEB完結』なら、借り入れ迄の手続きがネットだけで完了できます。融資までのスピードがとても速いので急ぎでお金を借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

【必見!】カードローン基礎知識

ここでは、カードローンでお金を借りるのが初めてという人にもぜひ知っておいていただきたいカードローンの基礎知識として、以下の内容をお伝えします。

  1. 申込める人の条件
  2. 申込みに必要な書類
  3. 収入と借りられる金額の関係【※総量規制】
  4. 審査の内容
  5. 在籍確認の内容と流れ
  6. 利息を自分で計算する方法
  7. 返済方法
  8. 支払う利息と返済額のシュミレーション

1.申込める人の条件

カードローンに申し込む為には、以下の2つの条件を両方とも満たしていなければいけません。

20歳以上であること
安定した収入があること

20歳以上であること

お金の貸し借りは法律上の契約行為です。そして、未成年が契約行為を行う場合、あとから取り消すことができます。

 

カードローン会社からしたら、あとから取り消されるようでは安定した取引ができないので、多くのカードローン会社では20歳以上であることを申込み可能な人の条件として設けています。

 

安定した収入があること

お金を借りる人には、借りたお金をきちんと返済していけるように、十分な返済能力がなければいけません。カードローン会社からしても、十分な返済能力がない人に貸し付けてしまって回収不能になってしまうと、大きな損害を被ることになってしまいます。

 

そのため、申込み者の返済能力を担保する意味からも安定した収入があることが求められているのです。

 

2.申込みに必要な書類

カードローンの申込みに必要なのは、以下の2種類の書類です。

 

・本人確認書類(運転免許証等)
・収入証明書(給与明細書等)

 

プロミスアコムのネット申込みのときには、これらの書類の画像をアップロードして申し込みます。

 

本人確認書類(運転免許証等)

本人確認書類として使えるのは以下のものです。(以下はプロミスの場合)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票

 

収入証明書(給与明細書等)

収入証明書は、原則として以下のいずれかに該当する場合のみ必要です。

 

・希望借入額が50万円を超える
・希望借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える

 

※逆にいえば、これらに当たらなければ運転免許証のみの本人確認書類のみで申し込めます。

 

収入証明書として使えるのは以下のものです。(以下はプロミスの場合)

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書

 

3.収入と借りられる金額の関係【※総量規制】

一般的に、収入が多いほど返済能力が高いと見られやすいので、それだけ多くの金額を借りられる可能性があります。

 

そして、大手消費者金融などの貸金業者の場合、貸金業法上の「総量規制」というルールにより、借りることのできる上限額が制限されます。

 

「総量規制」では「各貸金業者からの借入額の合計が年収の3分の1」に制限されます。総量規制は債務者保護を目的としており、借りすぎて多重債務に苦しむ債務者を生み出すことを未然に防止するためにこのようなルールが設けられています。

 

この総量規制があるために、たとえば年収150万円の人なら最高でも合計で50万円までしか借りられないと言うことになります。

 

ただし、いきなり総量規制の上限額まで借りられることは通常ありません。特に初めて利用する方の場合、10〜50万円程度の限度額になるのが一般的です。

 

4.審査の内容

カードローンに申し込むと審査が行われます。審査は、申込み者の返済能力について判定するために行われ、審査に通過することができないとお金を借りる事はできません。

 

カードローンの審査では、たとえば以下のような項目が見られます。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 家族構成
  • 他社での借入状況
  • 過去の借入履歴
  • 金融事故(自己破産、滞納、延滞など)の有無

申込時にもこうした事項を記載することになりますが、審査においてはそれだけではなく個人信用情報機関に照会をかけて、そこに記録された情報も参考に審査を行います。

 

個人信用情報機関というのは、カード会社やローン会社などの金融サービスの利用履歴のデータを蓄積している期間です。カード会社やローン会社が加盟しています。個人信用情報機関に蓄積されたデータは、審査の際に参考とされ、返済能力に応じた適正で迅速な審査に役立てられています。

 

パート・アルバイト・派遣社員・契約社員は審査通過できる?

銀行カードローンは審査が非常に厳しい傾向にあるので、年収500万円以上ないと審査通過は難しいと言われています。

 

それに対して、大手消費者金融カードローンの場合、様々な方の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれますので審査通過してお金が借りられる見込みがあります。実際に、プロミスの公式サイトでも以下のように記載されています。

 

Q アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?

A アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

 

出典:プロミス公式サイト

 

5.在籍確認の内容と流れ

カードローンの審査の過程では、「在籍確認」と呼ばれる手続きが行われます。この在籍確認は、申込時に記載した勤務先に確かに在籍して勤務しているかどうかについて確認する作業のことです。

 

通常は、記載された勤務先電話番号に電話をかけて、申込者本人を呼び出すことによって在籍確認が行われます。
(※例外として、SMBCモビットのWEB完結のように、書類上で在籍確認を行うケースもあります。)

 

在籍確認の電話は、以下のような感じでかかってきます。

 

大手消費者金融カードローンの在籍確認電話プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンでは、借入について同僚や会社にバレたくないという利用者の心情に配慮して、担当者個人名を名乗ります。一見すると、知人や取引先からの電話と区別がつかないので、借入がバレにくいです。

 

もしも、同僚に何の電話だったか聞かれても「クレジットカードの在籍確認だった」とでも伝えておけば大丈夫です。

マツイ(カードローン会社の担当者個人名)と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

 

銀行カードローンの在籍確認電話銀行カードローンでは、プライバシーへの配慮意識のある消費者金融と異なり、お構いなしに銀行名や融資担当者であることを名乗ります。自分以外の人が電話に出たら、借金しようとしていることがすぐにバレてしまいます。
△△銀行融資担当のマツイと申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

 

上記の様に、プロミスアコムでは、プライバシーへの配慮意識が高いので安心ですね。

 

在籍確認の電話自体は、あくまでその勤務先に申込み者が確かに在籍していることを確認することが目的なので、あっさりとすぐに電話は終わります。

 

どうしても勤務先に電話してほしくない方へ

なかには、

  • 普段外から電話がかかることはない職場なので怪しまれる
  • 自分が電話にでるのは不自然
  • 確実にバレたくないので電話はかけてほしくない

などといった事情から、在籍確認の電話を勤務先にかけてきてほしくないといいうかたもいると思います。そんな方には、SMBCモビットのWEB完結がオススメです。

 

SMBCモビットのWEB完結は、

・書類上で在籍確認を行うので勤務先への電話がない
・自宅への郵送物がない

という特長を持っています。勤務先やその同僚に借入をバレたくない方はもちろん、家族など誰にもバレたくない方にオススメです。

 

SMBCモビットのWEB完結の詳細を確認する>>

 

6.利息を自分で計算する方法

お金を借りたときに、自分が支払うことになる利息というのは気になると思います。利息は、借り額と利率が分かれば以下の計算式により自分で計算して知ることができます。

 

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

7.返済方法

大手消費者金融各社では、利用者に返済してもらいやすいように、様々な便利な方法を用意しています。たとえば、プロミスでは、以下の返済方法を用意しています。

  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM
  • コンビ二(マルチメディア端末)
  • 提携ATM
  • 銀行振込
インターネット返済

24時間365日、いつでもインターネットからの手続きで返済を行えます。しかも手数料無料です。

 

口フリ(口座振替)

指定された返済期日に自動的に口座引落により返済できます。手数料無料です。

 

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

プロミスの店頭窓口でも返済できます。店舗の場所や営業時間という制約はありますが、手数料無料な上、返済についても相談も店員に行うことができます。

 

プロミスATM

プロミスのATMで返済する方法です。手数料無料です。

 

コンビ二(マルチメディア端末)

コンビ二に設置されたマルチメディア端末からも返済ができます。24時間365日、いつでも手数料無料で利用できます。

 

利用可能な対応端末は

 

・Loopi(ローソン・ミニストップに設置)
・Famiポート(ファミリーマートに設置)

 

があります。ローソンやファミリーマートなら至る所にあると思いますので、非常に利便性の高い返済方法です。

 

提携ATM

プロミスの提携する

 

・ゆうちょ銀行
・E-net
・ローソン銀k脳
・セブン銀行

 

などのATMからも返済が可能です。提携ATMから返済する場合は、所定の手数料がかかります。

 

銀行振込

プロミスの指定する銀行口座に振込で送金することによって返済できます。利用する銀行での振込手数料がかかります。

 

8.支払う利息と返済額のシュミレーション

お金を借りたあとの返済額や利息についてイメージしていただきやすいように、シュミレーションをしてご紹介します。

 

ここでは、最大金利が大手消費者金融の中で最も安いプロミスで借りる場合を紹介します。

 

プロミスで5万円借りて6ヶ月(6回)で返済

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 8,771 8,030 741 41,970
2 8,771 8,149 622 33,821
3 8,771 8,270 501 25,551
4 8,771 8,392 379 17,159
5 8,771 8,517 254 8,642
6 8,770 8,642 128 0
累計 52,625 50,000 2,625 0

 

プロミスで10万円借りて6ヶ月(6回)で返済

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 17,542 16,059 1,483 83,941
2 17,542 16,297 1,245 67,644
3 17,542 16,539 1,003 51,105
4 17,542 16,784 758 34,321
5 17,542 17,033 509 17,288
6 17,544 17,288 256 0
累計 105,254 100,000 5,254 0

 

今日中にお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ。大手銀行がバックにいるので、「はじめてのアコム」のフレーズが示す通り、はじめてお金を借りる方も安心して利用できます。初めて利用する場合、30日間無利息でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスはSMBCグループ。大手銀行(三井住友銀行)系金融グループなので、安心して利用できます。プロミスの『WEB完結』なら、借り入れ迄の手続きがネットだけで完了できます。融資までのスピードがとても速いので急ぎでお金を借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。